メニュー
最新情報

2016年10月17日(月) イベント

【終了致しました】11月4日(金)第3回JOIC異業種交流会「社内外を巻き込んだ新規事業の進め方」を開催します。

【開催概要】
 オープンイノベーションへの関心は高まっていますが、推進に悩む人が多いのが現状です。
 実際にオープンイノベーションへ取り組んだ人が取組みを事例として話すことにより悩む人の背中を押し、悩んでいる人同士で情報交換をすることにより、仲間作りをする場づくりとして、異業種交流会を開催します。
 大企業において、オープンイノベーションは新規事業を創出する1つの手段として活用されることが多いことから、第3回も新規事業をテーマに開催します。新規事業の創出は社内でも重要と認識されているものの、実際は未確定の要素が多く、承認を得るには困難を伴う場合があります。そこで今回はゲストスピーカーに社内外を巻き込んだ新規事業の進め方のポイントをご紹介いただきます。参加者の方々からゲストスピーカーへのご質問、参加者同士の対話を通じて、社内外の巻き込み方の理解を深めていきます。

【目的】
 新規事業の創出やオープンイノベーションの推進は、一足飛びに実現できるものではなく、いくつもの行動の積み重ねと考えられます。
 ゲストスピーカーや参加者と取組みや現在の悩みに関する情報交換をする中で、参加者ご自身が次に踏み出す行動を認識し、うまく進めるヒントを得ることを目的として開催します。

【開催日時・場所】
 日 時:平成28年11月4日(金) 18:00~20:30(17:30受付開始)
 場 所:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 川崎本部5階
     アクセス
 参加費:無料(要事前登録)

【内容】
 ・ゲストスピーカー
  パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
  メカトロニクス事業部 事業開発センター 新規事業企画部 中村 雄志氏
 ・モデレーター
  有限責任監査法人トーマツ兼トーマツベンチャーサポート株式会社 斎藤 祐馬氏

【プログラム】
 ・社内で新規事業を通すポイント解説
 ・新規事業の概要と、社内外をどのように巻き込んだかのケース紹介
 ・対談・質疑応答
 ・交流会

【対象者】
 大企業でオープンイノベーションを活用した新規事業の創出を志向されている方
  ※定員30名

【申し込み方法】
  お申込みは、下記「お申込みリンク」よりお願いいたします。
  申込み受付締切:平成28年11月1日(火)まで
  お申込リンク

【お問い合わせ先】
 <オープンイノベーション協議会 事務局>
 〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310
 ミューザ川崎セントラルタワー20F NEDO内
 TEL: 044-520-5172 FAX: 044-520-5177
 E-mail: open_innovation@nedo.go.jp