メニュー
ホーム > NEDOピッチ登壇企業

NEDOピッチ登壇企業


第25回 : JEITA ベンチャー賞特集

 25- 1. 株式会社アスター
   株式会社 アスターは、、独自の積層技術を用いた理想的なモータコイルの形状設計により、従来の1.5倍の高密
    度化を実現するとともに放熱性にもすぐれた「アスターコイル」を実用化して。これは、モータの高出力化・小型
    化につながり、車載用モータばかりでなく、航空宇宙、家電、発電など様々な分野への適用により省エネルギー効
    果や産業競争力の強化が期待される。

 25- 2. 株式会社ABEJA
   株式会社ABEJAは、小売業に向けた店舗解析ツールを提供している。AI(ディープラーニング)技術を駆使した
    ビッグデータ解析を実行することを特徴とする。カメラ画像から顧客数・顧客年齢・顧客の店舗内導線の歩き方な
    どを分析、さらには天気・地理情報なども加味したうえで、店舗の業務改善の在り方を提案する。店員の感覚・ノ
    ウハウに頼ることなく、科学的なデータに裏打ちされた店舗設計が可能になる。IT専門家のいない中小店舗でも、
    AI利活用が推進するほか、海外への事業展開も期待される。

 25- 3.   Hmcomm株式会社
   Hmcomm株式会社は、産総研で開発された音声認識技術を実用化し、音声認識に特化したAIプラットフォーム
    によるソリューション・サービスを提供している。窓口やコールセンター等での対人業務における会話のテキスト 
    化、無人の音声受付等が実現可能である。また、騒音環境下での音声認識が優れており、車両や工場・プラントの
    機械装置のAI異音検知による故障検知や予知への活用が可能である。今後、「音声ビックデータ」のビジネスリソ
    ースとしての利活用への貢献が期待される。

 25- 4. 株式会社ZenmuTech 
     株式会社ZenmuTechは、暗号化技術と、分散技術を組み合わせた「秘密分散処理」により、情報の漏洩防止を
   可能にするソリューションやデバイスを提供している。データ生成時にデータをブロックに分割して、各々を暗号
   化させることと、暗号化されたブロックを複数の異なるデバイスに分散配置することにより、情報の漏洩を事実上
   不可能にしている。この秘密分散処理に基づいたソリューションは、近年頻発するサイバー攻撃に対しての強い防
   御手段となる、サイバー攻撃に対しての強い防御手段となり、IoTデバイスの一層の利用普及が可能となる。

 25- 5. PGV株式会社
   PGV株式会社は、大阪大学で発明された微小信号処理技術とフレキシブルエレクトロニクス技術をベースに、パ
    ッチ式脳波センサの製造・販売および脳情報ビッグデータを活用した脳波ビジネスを提供している。PGV㈱が手が
    ける小型で無線計測可能なシート型脳波センサ(厚さ6mm、重さ24g)は、既存の大型特殊装置と同等レベルの計
    測精度を実現し、脳波計測を誰でも手軽に行える身近なものにして、医療・ヘルスケア・睡眠・注意力モニタリン
    グ・ニューロマーケティングなど、今後幅広い領域での発展が期待できる。