メニュー
ホーム > NEDOピッチ登壇企業

NEDOピッチ登壇企業


第17回 : 素材系ベンチャー特集

              クロスエフェクトが15年間積み上げてきた世界トップクラスの3Dプリンティング技術と、CT画像を組み合わせた、患者ごとの
              正確な心臓モデルを作ることに成功。  リアルな術前シミュレーションが可能になり施術リスクを限りなく少なくする。
             心臓モデルを教材として利用し、若手医師の育成に絶大な効果を生む。 そして現在、世界中の医療現場から引き合いを受けている。
             また、第5回ものづくり日本大賞において内閣総理大臣賞を受賞

 17-2. 株式会社U-Map    
  株式会社U-MaP(ユーマップ)は、画期的な新材料と加工技術を提供・事業化する事で、今までにない工業製品を産業界に
      展開する名古屋大学発ベンチャー企業。
      AlNウィスカー状放熱フィラーを用いた数十W/mKレベルの絶縁複合材料を提供し、高密度化高出力化が進むパワー半導体実装や
     自動車、LEDモジュールなどで従来不可能であったレベルのサーマルマネージメントソリューションを実現する。
      現在30社以上の放熱材料メーカ、素材メーカ、部品メーカと製品開発を協議中。

 17-3. 株式会社五合 
            株式会社五合は、完全無機塗料「ゼロ・クリア」などを開発・提供する愛知県を拠点とするベンチャー企業。

         「ゼロ・クリア」は、水だけで油などの頑固な汚れを落とせる超親水性に加え、硬いもので擦っても傷が付かない強硬度を兼ね備えた塗料で、
          幅広い用途に活用可能。 
これまでの採用実績は、洗濯機、シンク層、電装部品、ステンレス製の食器や調理器、厨房設備、喫煙所設備、
          地下鉄駅構内設備など、多岐にわたる。


                アドバンスト・ソフトマテリアルズは「SRM(スライドリング マテリアル)」の量産供給と適応開発を行う唯一の企業であり、
               多くの企業との用途開発を進めるほか、
自社でもSRMの特性を活かした高性能ウレタンフォームや高密着塗料の販売を行っている。

               本素材は、東京大学伊藤耕三研究室で生まれた、世界初の可動架橋点を持つ超分子材料で、樹脂素材にこれまでに無い「柔軟性」と
             「復元力」を付与できる革新的新素材。


               株式会社インキュベーション・アライアンスは、グラフェンの大量合成・実用化を目指すために設立されたベンチャー企業。

                グラフェンは2010年にノーベル物理学賞が授与された革新的な素材だが、これまでは大量に作ることやハンドリングが難しく実用化は
               ほとんど進んでいなかった。 
当社はNEDOのイノベーション実用化ベンチャー支援事業に採択され、実現が難しいと言われていた
              グラフェンのシート状製品の成形、立体加工に成功。
20163月には、産業革新機構より7億円を調達した。

              グラフェン部材は高い熱伝導度をもち、様々な立体加工が可能かつ軽量であるため、放熱部材への適用が期待されている。