メニュー

最新情報


2016年03月02日(水) イベント

【終了致しました】第3回JOICワークショップ「オープンイノベーションにおけるCVCの活用可能性」を開催致します。

【開催概要】
  GoogleやGE、Intelなどイノベーションを創出し続けている企業の多くは、オープンイノベーションの手法の一つとしてCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を活用しています。日本企業においても2010年頃からのベンチャーブームの後押しもあり、オープンイノベーションの推進を目的としてCVCを設立する事例が増えています。しかしながら日本では、オープンイノベーションにおけるCVCの有効性やその活用方法が十分に理解されているとは言いがたく、欧米に比べると未だその利活用が進んでいないのが現状です。

 そこで本ワークショップでは、オープンイノベーションにおけるCVCの有効性を理解したうえで、実際に推進するにあたって社内で行き当たる課題を参加者間で話し合い、さらにそれら課題を乗り越えるためのポイントを議論します。CVCを運営しオープンイノベーションを推進している大企業の担当者をゲストに招き、普段は接することの少ない他社・他業界の参加者間で論点を共有することで、会員の皆様の円滑なオープンイノベーション推進の一助とすることを目的に企画しました。

 CVC
:(Corporate Venture Capital)
    CVCとは、事業会社が自己資金によって、戦略的リターン(本業との事業シナジー、新規事業の開発など)を求めて、自ら投資活動を行うための
    機能を持つ組織のこと。
投資家から広く資金を集め財務リターンを狙う一般的なべンチャーキャピタルと異なる。


【内容】
 第1日
  【ゲスト講師】株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ 取締役副社長 秋元 信行 氏
  【ファシリテータ】有限責任監査法人トーマツ 兼トーマツベンチャーサポート株式会社 本田 知行
  
  【プログラム】
   ・グループワーク(なぜ参加したか、各自が抱える問題意識の共有)
   ・ゲスト講師による講演
   ・ゲスト講師とファシリテータによる対談

  ※第1日終了後、第2日のワークグループへの準備として各自で振り返りと論点の整理をお願いいたします。詳細は第1日にご案内いたします。

  第2日
  
【ゲスト講師】インテルキャピタル マネージングディレクター 出川 章理 氏
  【ファシリテータ】有限責任監査法人トーマツ 兼トーマツベンチャーサポート株式会社 本田 知行

  【プログラム】
   ・ファシリテータによる前回の振り返り
   ・ゲスト講師による講演
   ・ゲスト講師とファシリテータによる対談
   ・グループワーク(第1日の学び+第2日の学びを元に実施)
   ・全体討議

【開催日時・場所】
 
第1日:3月30日 14:00~17:00(13:30受付開始)
 
第2日:4月12日 14:00~17:00(13:30受付開始)
 
場 所:NEDO川崎本部
    アクセス 
 参加費:無料(要事前登録)

【対象者】

 定員:50名
   ①2回両方にご参加いただける方
   ②大企業・中堅企業においてオープンイノベーションの推進に関する検討や判断に携わる方
    CVCに興味がある方・検討されている方・既に設立されて運用されている方
   ※その他自治体や研究機関等も申込いただけますが、オブザーバー枠での参加とさせていただきますのであらかじめ御了承ください。

 

【申し込み方法】
 お申込みは、下記「お申込みリンク」よりお願いいたします。
 申込み受付締切:平成28年3月28日(月)まで
    お申込みリンク

【お問い合わせ先】
 <オープンイノベーション協議会 事務局>
 〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310
 ミューザ川崎セントラルタワー20F NEDO内
 TEL: 044-520-5172 FAX: 044-520-5178
 E-mail: open_innovation@nedo.go.jp